薬
スポンサーリンク

フェレットの病気

フェレット【抗真菌薬・駆虫薬】とは?とその薬用量(基準)

投稿日:2017年2月1日 更新日:

以下は、病院で治療の説明をされたけどあれは何だったっけかな?ってちょっと思い返してみた時や、

「病院から処方されたお薬がどういう成分なのか知りたいな」とか

「回った病院でそれぞれ処方されたお薬が違うんだけど」って不安を感じているあなたの参考にして頂きたいものです。

間違っても、これらの薬を「安いから」などと言った理由でネットで購入したり、

他の子の使い古しや友達からのおさがり、

手元にあるからなど、といって勝手にフェレットに与えたりする事は絶対にしないで下さい。

あなたに安心してもらうためだけの物です。

また、ここに書かれているものだけが正しいわけではありません。

その子の体を診た担当獣医さんが決めた事が正解の治療法、正しい投薬です。

その先生から受けた指導をきちんと順守して下さい。

これはあくまでも「参考資料」です。

薬
フェレット【抗菌薬】抗生物質とは?とその基準(薬用量)

以下は、病院で治療の説明をされたけどあれは何だったっけかな?ってちょっと思い返してみた時や、 「病院から処方されたお薬がどういう成分なのか知りたいな」とか 「回った病院でそれぞれ処方されたお薬が違うん ...

スポンサーリンク

現場で使えるエキゾの薬用量

著:田園調布動物病院 田向健一  院長 インターズー「エキゾチック診療」 より

経路(IM:筋肉注射、SC:皮下注射、IV:静脈注射、PO:経口投与)

回数(sid:1日1回、bid:1日2回、tid:1日3回、qid:1日4回)

抗真菌薬

真菌とはカビの仲間です。

その中には、共通感染症として知られる皮膚疾患の真菌症(皮膚糸状菌症)の原因となるものなどがあります。

抗真菌薬には

真菌の細胞膜を破壊するタイプと

細胞膜の生成を阻害するタイプのものがあります。

薬剤名コメント用量経路回数備考
グリセオフルビン真菌の微小管に対して脱重合を阻害し、有糸分裂を阻害する。抗菌スペクトルを示すもの、抗菌作用を示さないものがある。25mg/kgposid3~6週間投与
アンホテリシン Bポリエン系抗生物質。真菌の細胞膜のエルゴステロールと結合し殺菌的に作用する。腎毒性がある。内服薬として用いるときにはカンジタなど直接薬剤が接触する場合のみ用いられる。0.4-0.8mg/kgIV7日ごとプラストマイセス症。高窒素血症に注意。合計で7~25mgの範囲で。
ケトコナゾールイミダゾール系抗真菌剤。脂質親和性であり、酸性で最も吸収されるので、経口的に制酸剤との併用は吸収低下を引き起こす。10-30mg/kgPOtid-
イトラコナゾールトリアゾール系抗真菌剤。5mg/kgPOsid-

駆虫薬

駆虫薬とは寄生虫を駆除する薬剤の事です。

寄生虫には

コクシジウム原虫・ジアルジア原虫・フィラリアなどといった

体内に寄生する内部寄生虫

ミミヒゼンダニなどの耳ダニ、疥癬ダニなど皮膚に寄生する外部寄生虫があります。

内部寄生虫に作用する駆虫薬は原虫のたんぱく質の合成を阻害したり、細胞の組織を変化させることなどで効果を示します。

外部寄生虫に作用する駆虫薬は、ダニやノミなどの神経に作用します。

なので、飲み薬だけでなく滴下(スポット)タイプの物も多くあります。

薬剤名コメント用量経路回数備考
フェンベンダゾール国内発売はされていない(2015年4月現在)代わりに海外製品がよく用いられている。20mg/kgPOsid5日間投与
ピランテルニコチン受容体に作用する薬物で脱分極性神経筋遮断によって寄生虫の組織を麻痺させる。鞭虫、糞線虫には無効。4.4mg/kgPOsid線虫類
イベルメクチンマクロライド系駆虫薬。0.02-0.5mg/kgPO,SCsid0.02mg/kg 犬糸状虫症

0.2-0.4mg/kg 疥癬

0.2-0.5mg/kg 回虫

プラジカンテル条虫、吸虫類に有効な駆虫薬。5-10mg/kgPO-二週間以内で繰り返し

 

【いたちのおうち.xyzをLINEでお勧めしてくださる皆さまへ】

2019年2月現在
LINEはpunycode(ピュニコード)変換に対応していないので、
こちらの共有ボタンは使えません。
お手数ですが
URLを直接コピーしてお使い頂きますよう、お願いいたします。

-フェレットの病気

Copyright© いたちのおうち , 2019 All Rights Reserved.